CCVD…火炎による新しい表面改質

火炎を利用した表面処理です。
火炎中にある物質を入れ、その火炎を基材の表面に当てることにより表面に燃焼反応生成物が付着し、塗料、接着剤などが密着しやすくなります。
この技術は火炎、導入する化合物処理の仕方など有効に使用するには条件が重要です。
CFS処理はこれを解決する技術として開発いたしました。

PPシートの電子顕微鏡による表面写真比較

%e7%b8%ae%e5%b0%8f25000_25kv  %e7%b8%ae%e5%b0%8fpp_25000_t10_25kv 
▲SEM画像(処理前) ▲SEM画像(処理後)

 

[CCVDの範疇の中でCFS表面処理によるプロセスと結果]

-CFS処理のプロセス1-
・フレーム中に有機化合物を添加
     
 
-CFS処理のプロセス2-
・基材表面に「易接着性物質」を積極的に添加
・火炎の燃焼反応による表面の酸化・・・表面の極性基(OH,COOH)生成
     
 
-CFS処理の結果-
・接着力の向上
・レベリング性の向上
・難接着性物質の接着も可能